1. 高周波同軸コネクタ・ケーブル加工の株式会社トーコネ
  2. 同軸コネクタ(coaxial connector)とは

同軸コネクタ(coaxial connector)とは

同軸コネクタ(coaxial connector)とは同軸ケーブルと装置(電気器具)を接続するための部品です。
高周波(RF)製品に使用されます。
コネクタの形状は国際規格で決まっており、同じ種類のコネクタであれば異なるメーカーでも接続できます。
基本的に接続部は、オスとメスの形状になっており、それぞれの名称をプラグ(オス)、ジャック(メス)と呼びます。

同軸ケーブルは、電気通信に使われる被覆電線の一種です。
高周波(RF)製品に使用されます。
特徴・特長として、不平衡接続であること、外部への電磁波の漏れが少ないこと、ある程度の柔軟性があること、などがあります。
なお、特性インピーダンスが特に指定されないようなものは「シールド線」として「同軸ケーブル」とは区別することもあります。
同軸ケーブルと組み合わせて使用されるコネクタには、使用する周波数帯やインピーダンス特性により複数のタイプがあります。

同軸ケーブル 詳細ページへ

同軸コネクタは、プラグ・ジャックそれぞれを同軸ケーブルに取り付け、
同軸コネクタ同士をプラグ・ジャックで篏合させることにより、信号伝送が可能となります

ケーブルへの取付方法に関しては、対象製品全てで「ケーブル取付図」をUPしておりますので、そちらをご参照ください。

同軸ケーブルの基本構造
同軸ケーブルの基本構造
同軸コネクタの周波数帯域

オス開口部とメス開口部で、中心コンタクト同士を接続させることを、「勘合」するといいます。
機能分類ごとの勘合組み合わせは、以下の通りです。
同軸コネクタの機能分類

基本的に、オス開口部にはオス中心コンタクトが使われ、メス開口部にはメス中心コンタクトが使われます。
プラグとジャックは、それぞれ中心コンタクトが同軸ケーブルの芯線と半田付け(一部製品は圧着)しています。

中心コンタクトとケーブル芯線を半田付け

オス中心コンタクトを半田付け

オス中心コンタクトを半田付け

メス中心コンタクトを半田付け

メス中心コンタクトを半田付け

中心コンタクトとケーブル芯線を圧着

オス中心コンタクトを圧着

オス中心コンタクトを圧着

メス中心コンタクトを圧着

メス中心コンタクトを圧着

◎専用工具が必要だが、施工効率は良い

豆知識:リバースタイプとは

海外製の無線通信機器では、リバースタイプが存在します。
プラグでメスコンタクト、ジャックでオスコンタクトが採用され、通常と逆となります。

各機能分類ごとに、様々な形状の製品をラインナップしており、利用シーンに応じて使い分けて頂いております。
以下、代表的な形状です。

ケーブルの取付時の接線方法には、大きく以下の3種類があります。

締付

コネクタボディがシェルと締付金具に分かれている。ケーブルがボディに入った状態で締付金具を挟み、スパナで締め付ける。
◎専用の工具は不要。ケーブルが長い場合、締付タイプは安心。
△圧着タイプより高価

オス中心コンタクトを圧着

矢印.png
メス中心コンタクトを圧着

スパナで締め付ける

圧着

コネクタボディがシェルとスリーブに分かれている。ケーブルがボディに入った状態でスリーブを挟み、圧着工具で締め付ける。
◎締付タイプより安価で、接線も簡単。
△専用の圧着工具が必要。ケーブルが長い場合、圧着が甘いと抜けやすい。

オス中心コンタクトを圧着

矢印.png
メス中心コンタクトを圧着

専用工具で圧着

半田

通常の同軸ケーブルではほぼないが、セミリジッド・セミフレキなどに取り付けるコネクタは、半田付けとなる。

前述した通り、同軸コネクタは同軸ケーブルと装置を接続するための部品です。
装置の大きさや設置場所、使用周波数帯に応じて、同軸コネクタの選定をして頂きます。
以下、製品用途例に応じ、よく使われる同軸コネクタの種類を記載致します。

テレビアンテナ・テレビ

テレビカメラ・監視カメラ

防災無線

携帯向け移動体通信基地局

無線通信機器・測定器

LTEルーター・小型通信機器用

アマチュア無線機器

各種お問い合わせ

「会員登録」頂くと、カタログ・CADデータをはじめ、各種資料がダウンロードできます。
製品の仕様・単価・在庫状況などは、「見積依頼」よりお問い合わせください。
量産前の試作検討には、「サンプル請求」をご好評いただいております。
その他、不明点などございましたら、「よくある質問」を随時更新しておりますので、ご参照ください。

会員登録見積依頼

サンプル請求よくある質問

製品に関してお悩みの方へ

現在、無料でオンライン相談を承っております。
お気軽にご相談ください。

オンライン相談

お問い合わせ

Contact Us

カタログ請求や見積依頼・お問い合わせは、 下記フォームよりご連絡ください。