1. 同軸コネクタ・ケーブル加工のトーコネ
  2. Nコネクタ付き同軸ケーブルの作り方
  3. 半田・圧着タイプ Nケーブルの作り方

半田・圧着タイプ Nケーブルの作り方

ケーブル

同軸ケーブルにコネクタを取り付け、加工品として販売しております

加工済みの在庫品は即出荷可能で、通常納期2週間で1本から受注生産もしております!
在庫しているケーブルは、1週間~1日での特急対応、ケーブルカット売りのご相談もお待ちしてます。

本ページの内容をPDF資料にしております。お手元で活用したい方は、ご活用ください。
初回のみ会員登録頂く必要がありますので、ご対応ください。

コネクタとケーブルを、圧着・圧着で取り付けます。

※左右にスクロールして表をご覧ください。

コネクタ ケーブル 取付方法
中心コンタクト 内部導体(芯線) 半田
本体 外部被覆(ジャケット) 圧着


・コネクタが軽量で安価
圧着工具購入してあれば、コストを抑えることが出来ます。

※ラインナップは少ないですが、「圧着・圧着」の製品もあります。
補足として、中心コンタクトの圧着についても後述しております。

半田・圧着


半田・圧着タイプ、Nケーブルの作り方を記載します。
工程は製品により異なりますが、代表例としてNP-5Aを基にします。

ケーブル取付図は、全製品HPからダウンロード可能です。
製品詳細より、「ケーブル取付図を見る」をご参照ください。

NP-5A

指定された長さで、ケーブルをカットします。その際に注意すべきは、「カット寸法」です。
同じ全長でも、「全長が指定されているポイント」「コネクタの内部寸法」に応じて、ケーブルカットする時の「カット寸法」は異なります。

カットサイズ

ケーブルに圧着スリーブを通し、絶縁体・外部導体(編組)・外部被覆(シース)を、ケーブル取付図で指定された通りにカットします。
剥き方として注意するのは、取付仕様書に記載された寸法通りとなっているかです。カッターでカットする場合は、マジックで印をつけることもあります。

ケーブル剝き寸法

中心コンタクトを内部導体(芯線)に装着し、半田付けします。
「半田が盛り上がらないこと」「中心コンタクトと絶縁体の間に隙間が無いこと」「熱により絶縁体が変形しないこと」に注意です。

中心コンタクトを半田

半田付けには技術が必要で、「半田の乗せすぎ」「温度の高すぎ」「温度の低すぎ」などにより、
中に空気が入って膨らんだ状態や蒸発してざらざらな状態など、「いも半田」と言われる不良が発生します。



トーコネでは、社内で「半田検定」を行っており、熟練の技術者が丁寧に半田付けを行っています。
半田付け後は、ラジオペンチ等でコンタクトを引っ張り(約1kg)、問題無いことの確認もします。

また、専用治具で固定することにより、ぶれずに丁寧な半田付けを行っています。

NP-5Aの中心コンタクトは、半田ではなく、圧着により取り付けることも可能です。

半田・圧着で取り付ける場合:TA-35で、本体を圧着
圧着・圧着で取り付ける場合:TA-12Sで、コンタクト・本体を圧着

シェルを同軸ケーブルの絶縁体と外部導体(編組)の間に入るように装着します。
中心コンタクトが定位置に入ると、プチンと音が鳴ります。

圧着スリーブをスライドさせ、外部導体へと被せて圧着工具で圧着します。
TA-35の場合はA部で圧着し、TA-12Sの場合はB部で圧着します。

本体を圧着



測定位置でのクリンプハイト基準値に入るように、前述した通りに強度調節ダイヤルを調整してください。
圧着工具のフレーム部とネジ部に当たらないように、注意が必要です。

クリンプハイト
クリンプハイト 注意点


トーコネのケーブル加工品は、完成後、テスターによる導通・絶縁抵抗チェックを全数行っております。
外観では判断出来ない、内部断線や圧着ミスなどを検出します。

導通検査


その他、社内規定の検査項目をクリアした製品のみが、出荷へと至ります。

>ケーブルアッセンブリー検査報告書はこちら

圧着タイプのNコネクタは、ケーブル取付時に圧着工具が必要です。


圧着工具

以下、圧着工具毎のN製品一覧になります。

圧着工具 圧着工具のリンク N50Ωコネクタのリンク
TA-16 圧着工具はこちら 対象コネクタはこちら
TA-17 圧着工具はこちら 対象コネクタはこちら
TA-12S 圧着工具はこちら 対象コネクタはこちら
TA-24S 圧着工具はこちら 対象コネクタはこちら
TA-34 圧着工具はこちら 対象コネクタはこちら
TA-35 圧着工具はこちら 対象コネクタはこちら
TC-3151D 対象コネクタはこちら